コーヒー豆の新鮮さをたもつ保存方法

コーヒー豆はどのように保存したらいいの?

コーヒー豆は生鮮食品です。

 

 

保存方法を知って、鮮度を保ち、酸化を防ぎ、
賞味期限を知って保存する必要があります。

 

 

コーヒー豆

 

 

コーヒー豆の賞味期限とは?

 

焙煎してから豆の状態で保存できる期間は、
どのくらいかごぞんじですか?

 

 

ある「コーヒー焙煎教室」では、

 

コーヒー豆を焙煎した状態で新鮮に保てる状態は1週間、

 

と教えているそうです。

 

 

別の専門店では、珈琲の賞味期限は、

 

焙煎からおよそ2〜3週間だと教えています。

 

 

あくまで賞味期限ですから、
体に害があるということではないですが、
やはり一番美味しいときに飲みたいですよね。

 

 

コーヒー豆は、焙煎から日が経つにつれて、
どんどん香りが弱まり風味も弱まります。
酸味、苦味も強くなってしまいます。

 

 

香りやコクのバランスが一番よくなり、

 

一番美味しく飲めるのは、焙煎して2〜3日目だそうです。

 

 

しかし、保管場所、保存方法をきちんと選ぶことで、
豆の良い状態をある程度保つことが可能になります。

 

 

焙煎したての豆は大量にガスを含んでいるので、
焙煎後すぐに淹れて飲もうとすると、
ガスっぽくなって味がぼやけてしまいます。

 

 

先ほどもお伝えした通り、
コーヒーは焙煎してから2〜4日ほど寝かせたものが、
一番美味しく頂くことができます。

 

コーヒー豆の美味しさを守る保存方法

 

コーヒー豆の鮮度を脅かすものは、
「高温・多湿・酸素・光」です。

 

 

この「高温・多湿・酸素・光」から豆を守るためには、
次の3つの点に気をつけて保存します。

 

必ず豆の状態でこまめに購入する

 

お店で豆を挽いてもらわずに、
飲む直前にコーヒーミルでコーヒー豆を挽きます。

 

 

粉の状態では、空気に増える表面積が増えてしまうので、
2〜3日で劣化した味になってしまいます。

 

 

また、豆は使う分だけ、
2週間で使いきれる分だけを購入します。

 

冷暗所で珈琲豆専用容器で密閉保管

 

湿気がなく、暗くて涼しいところで保管します。

 

 

冬季はさほど温度、湿度等の影響を受けづらいですが、
夏場は高温になりますので、その場合は冷蔵庫を利用します。

 

 

できれば、珈琲豆専用容器に密閉保管します。
珈琲豆専用容器がない場合は、ホームセンターなどに売っている、
ジップロックのようなチャック式の袋を利用するのもいいですね。

 

 

冷蔵庫保管の場合、庫内の温度は8度以下が望ましく、
15度くらいになると豆がやや痛みやすくなるので気をつけます。

 

 

賞味期限は豆の状態で1〜2ヶ月ですが、
あくまで生鮮食品です。できる限り早めにいただきましょう。

 

使いきれない場合は冷凍庫で保管

 

使う量だけを購入するのが一番ですが、
どうしても使い切れないときは、
使い切れないとわかった時点で、すぐに冷凍保存します。

 

 

冷凍保存の場合にも密閉保存をします。
冷凍保存対応のジップロックなどのチャック式袋が便利です。

 

 

気をつけることは、

  • コーヒー豆は臭いを吸収しやすいので、

    冷凍庫の臭いがうつらないようにすること

  •  

  • 劣化した豆を冷凍しても手遅れなので、早めに冷凍すること
  •  

  • 粉にはせずに、豆のまま保存すること

です。

 

 

なお、冷凍した場合は豆は解凍せずに、そのまますぐに使います。

 

冷凍保存したものはできるだけ早めに使います。
3ヶ月ほど持つといわれていますが、
できれば1〜2ヶ月以内に使い切るのが良いですね。

 

 

風味が良い間に美味しくいただきましょう^^

 

 

コーヒー 次のページ 『コーヒーの美容効果と副作用』 へ

page top