スペシャルティ珈琲専門店 香茶屋 レビュー

スペシャルティ珈琲専門店香茶屋おためしセットレビュー

スペシャルティ珈琲専門店香茶屋おためしセット

 

価格 1,350円
注文日時 2019年05月20日
焙煎日 -
配達日 2019年5月23日
豆の状態 豆のまま

 

今回注文したのは、「スペシャルティ珈琲専門店香茶屋おためしセット」。
セット内容は、
「ブラジルシティオダトーレPN」
「インドネシア・リントン・ドロッサングール」
「花ブレンド」
「ショコラブレンド」
この4つの銘柄が、各50g/合計200g 入っています。

 

 

通販サイトの商品紹介には、

 

このおためしセットは当店のコーヒー豆の中で、
いろいろな味作りや煎り具合による個性を見てもらうセットです。
この4種類を召し上がれば、
当店の味作りが理解していただける商品となっております。

 

と記載されていました。

 

 

今回、香茶屋のコーヒー豆を購入してみようと思い至ったのは、、、

 

 

香茶屋

 

 

定期購読している大好きな雑誌「珈琲時間」に掲載されていたからです。
それも、わたしの実家にほど近い地域。
そのうえ、SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)
全国3位入賞の肩書を持つ店主だとのこと。

 

 

試してみないわけにはいきません。^^

 

 

香茶屋

 

 

ということで、早速、
「インドネシア・リントン・ドロッサングール」
を試してみることにしました。
(ちなみに、私はグァテマラが好みです)

 

 

香茶屋

 

 

丁寧に焙煎されたきれいな豆を、中粗挽きで挽きました。

 

 

香茶屋

 

 

約3分20秒の抽出で出来上がりましたー^^

 

 

一言でいうのであれば、「華やかな風味」でしょうか。
甘味とコクが強めの珈琲豆が好みの私的には、
すこし酸味がつよいかなぁという印象。
そして、スパイシー♪

 

 

香茶屋さんの公式ページによると、
一般的に流通しているこのコーヒーの商品名は、
「インドネシア・マンデリン・ビートル」というのだそう。

 

 

マンデリンの特徴である「アーシー(earthy)」は、
Earth(アース:地球)という意味合いから来ている単語で、
「大地のような」や「土のような」という印象のフレーバーを指しているそうで、

 

 

たしかに、なるほど、「大地」「土」のたくましさが、
私の中では、強めの酸味となって現われていたように感じました。

 

 

母は、ひとこと、「美味しいね」と申しておりました^^

 

甘味 ★★
酸味 ★★★
苦味 ★★★
香り ★★
コク
透明感 ★★★

 

 

「ブラジルシティオダトーレPN」はこんな感じ。
南国の鮮やかな景色が瞳の裏に浮かぶような、フルーティなお味♪
豆の香りがとても良くて、幸せなドリップ時間でした。
ごちそうさまでした^^

 

甘味 ★★
酸味 ★★★
苦味 ★★★
香り ★★★★
コク
透明感 ★★★★

 

 

「ショコラブレンド」はこんな感じ。
ブレンド名から想像して、なんとなく甘みの強い風味をイメージしましたが、
以外とビターで、オトナの味でした^^
甘味、酸味は抑えられ、苦味とコクを強めに感じました。
また、にごりの少ないクリアな後味でした。
ごちそうさまでした^^

 

甘味 ★★
酸味 ★★
苦味 ★★★★
香り ★★★★
コク ★★★
透明感 ★★★★

 

 

「花ブレンド」は下のとおり。
ブラックでは、この珈琲豆が一番飲みやすかったかもしれません。
後味がスッキリしていました。
口の含んだ瞬間、小さな花がキラキラキラ〜と舞ちるような華やか感がありました。
でも、ゴージャスという言うわけではなく、とても繊細な品の良い華やかさです。
ごちそうさまでした^^

 

甘味 ★★★
酸味 ★★★
苦味 ★★
香り ★★★
コク ★★
透明感 ★★★★

 

 

スポンサードリンク
page top