コーヒーの飲み過ぎは体に悪い?

コーヒーの飲みすぎによる体調不良とは?

コーヒーの飲み過ぎは体に悪い?

 

 

という疑問があります。

 

 

実際に、コーヒーにはカフェインが含まれるため、
飲み過ぎるとカフェインの過剰摂取になる可能性があります。

 

 

カフェインを過剰摂取したことによる身体への影響としては、
一時的に興奮、覚醒、めまい、吐き気、下痢、不安、不眠、
心拍数の増加、血圧上昇などの症状が出ることがあります。

 

 

健康な成人でもこれらの症状が出ることがあり、
長期的にカフェインを過剰摂取すると、
さまざまな病気になる可能性も出てきます。

 

コーヒーは空腹時を避けた方が良い

 

空腹時に、勢いよくコーヒーをががぶ飲みすると、 
胃が痛くなることがあります。

 

 

1日に何倍も飲む人は、
空腹時に飲むのも日常茶飯事なのではないでしょうか。

 

 

カフェインには、
胃酸の分泌を促進する成分が含まれます。

 

 

空腹時にコーヒーを飲むと、
空っぽだった胃に胃酸や胃液が傷を付けてしまい、
痛みが発症すると言われています。

 

 

胃潰瘍との直接的な因果関係は言われてはいませんが、
胃酸過多の体質の人や体調が思わしくない人は、
空腹時に飲むのは避けておいた方が良いですね。

 

コーヒーの利尿作用とカルシウムの不足

 

カフェインには利尿作用があります。
そのため、コーヒーを飲むと、
トイレが近くなるとも言われています。

 

 

単にトイレが近くなるだけなら良いのですが、
尿と一緒にカルシウムも排出されてしまいます。

 

 

カルシウム不足が続くと、骨からもカルシウムが奪われてしまい、
将来的に、骨粗鬆症になる可能性が出てきます。

 

 

成長期のお子さんや元々カルシウムの摂取量が少ない人、
骨粗鬆症になりやすい女性は、
飲み過ぎにならないように気をつけましょう。

 

交感神経と自律神経の乱れ

 

カフェインには、興奮しやすい作用があり、
交感神経に働きかける傾向があります。

 

 

心拍数の増加や血圧の上昇を引き起こして、
その状態が長く続くことになります。

 

 

本来なら、交感神経と副交感神経が、
バランス良く作用しなければならないところを、
自律神経が乱れて身体がだるくなったり、不眠になるなど、
不快な症状が出て来ることがあります。

 

クロロゲン酸

 

クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で、
糖尿病や肥満予防などにいいと注目されつつあります。
高い抗酸化作用による、
アンチエイジング効果も期待されています。

 

 

しかし一方で、
鉄・銅・アルミニウム・カルシウム・マグネシウムなどの
ミネラルが排出されやすくなってしまったり、
ビタミンB1およびビタミンB2を破壊する作用もあるといわれています。
ただし、これはあくまでで飲みすぎた場合のおはなしです。

 

 

また、クロロゲン酸は、焙煎すると減ってしまう特徴があります。
効果的に摂るには、浅煎りでいただきましょう。

 

妊婦とコーヒー

 

妊娠中のカフェイン摂取には、注意が必要だというのは定説ですね。
これは、妊娠中は、カフェインの分解に時間がかかるためです。

 

 

ママのおなかの中にカフェインが長くとどまるということは、
赤ちゃんにもカフェインが届きやすくなってしまうということです。

 

 

すると、代謝機能が未熟な赤ちゃんの、
発育を阻害する可能性があると考えられているわけです。

 

それでは一日コーヒー何杯までなら飲んでもいいの?

 

欧州食品安全機関(EFSA)は、
健康のためにカフェイン摂取量を1日400mg未満に抑えた方が良い
という提言を発表しています。
これは、コーヒーカップでいうと、4〜5杯分です。

 

 

妊娠中の女性については、1日200mg未満を推奨。
これはコーヒーカップ1日2杯分です。

 

 

この、「コーヒーは一日に何杯飲んでいいの?」という問いには、
いろいろな説がありますが、
私個人としては、コーヒーコーディネーター講座で学んだ、

 

 

健康な人が健康のために飲む量としては、一日3〜4杯。

 

 

今後の研究によって、
さらに新説が説かれるかもしれませんが、
今のところは、この一日3〜4杯説を自説としていきたいと思います。

 

 

ここまで、コーヒーについての少し悪い点を述べてきましたので、
それなら飲まない方がいいんじゃない?なんて
結論を出されてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

しかし、コーヒーは、発見された当初、
薬として飲用されたのが始まりと言われています。

 

 

飢えた僧が、山中でコーヒーの赤い実を口にしたところ、
不思議なことに飢えが癒され、疲労も消え、
気分が爽快になったという説です。

 

 

また、発見伝説の中には、弱った羊が元気になった話や、
修道院の僧が徹夜もできるようになったという話もあります。

 

 

ですから、体に悪いものではけっしてないわけです。

 

 

飲みすぎに注意して、
良い香りを、風味を、ぞんぶんに楽しみたいものですね。

 

 

コーヒーと湯気 次のページ 『コーヒーの慢性病防止効果』 へ

page top