デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインの違い・特徴

デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインの違いと特徴の解説

芳醇な香りが魅力のコーヒー。
朝の目覚めやリラックスタイムに欠かせないという人も
多いのではないでしょうか。

 

 

コーヒーといえば、
カフェインが多く含まれる飲み物としても有名です。

 

 

カフェインは、
集中力アップや覚醒作用などがあることでも知られていますが、
時としてとりすぎは体に良くないことも知られています。

 

 

特に妊娠中の女性には、
カフェインが胎児に与える影響を考え、
コーヒーなどのカフェインは控えるように指導されます。

 

 

そこで、どうしてもコーヒーがやめられない時に代用品として、
デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインといったものがありますが、
それぞれの違いや特徴はどのようなところにあるのでしょう。

 

 

デカフェとは

デカフェとは、本来カフェインが含まれている食品や飲み物から

 

カフェインを取り除いたものを指します。

 

日本での規定はありませんが、
ヨーロッパでは、コーヒー豆中のカフェイン含有量が
0.2%以下であることが条件になります。

 

 

インスタントコーヒーでも、
0.3%の基準をクリアしていることが必要です。
このことから分かるように、デカフェであっても

 

カフェインが全く含まれないということにはならない

 

事が分かります。

 

 

カフェインレスコーヒーも、ノンカフェインのコーヒーも、
カフェインの含有量を低くした飲み物なので、
デカフェであるということになります。

 

 

カフェインレスとノンカフェインの違い

カフェインレスとは、

 

脱カフェイン処理した豆で作られたコーヒーです。

 

 

カフェインの含有量は、大幅に低くなりますので、
カフェインの取りすぎが心配という時に飲まれます。

 

 

前述したように、
デカフェの基準であるカフェイン含有量をクリアしていれば、
デカフェとして販売されるので、
カフェインは少なからず含まれることになります。

 

 

一方の、ノンカフェインは、
その呼び名からもわかるように

 

カフェインが一切含まれないコーヒーになります。

 

カフェインの除去方法は様々ありますが、
日本では、二酸化炭素による圧力と、
温度調整などで取り除くことが一般的です。

 

 

最近ではこの抽出方法を巡って賛否が分かれることがあり、
健康に与える影響を懸念する声もあります。

 

 

どういった抽出方法でコーヒー豆が作られているか、
チェックしてから購入する必要がありそうです。

 

 

また、コーヒー豆以外の穀物、
小麦やチコリの根を焙煎して作った、

 

穀物コーヒーと呼ばれるものも広まっています。

 

妊婦や授乳中にコーヒーが飲みたい場合は、
このノンカフェインコーヒーか穀物コーヒーを
代用品として飲むことが一般的です。

 

 

特に、タンポポコーヒーは、
授乳にも効果があるので一定の需要があります。

 

 

気になる味の変化ですが、
カフェインレスでもノンカフェインでも、

 

通常の味と香りが弱くなってしまう傾向があります。

 

カフェインの作用である眠気覚ましという効果もなくなり、
利尿作用もなくなりますが、
体を冷やす作用もないので、
一長一短といったところではないでしょうか。

 

 

やわらかい味になり、アメリカンコーヒーのような、
薄めのコーヒーを飲んでいるような感覚になります。

 

 

穀物コーヒーの場合は、独特の風味があり、
好みが分かれるところではありますが、
慣れてくればまずいというものではありません。

 

 

ただ本物のコーヒーとは一線を画す味わいであることは確かです。

 

 

ドイツなどでは、大麦で作られたコーヒーが、
どこのカフェでも飲むことができるほど人気の飲み物です。

 

 

日本人には濃い麦茶のような味ですが、
ミルクや砂糖を入れてもおいしく飲むことができます。

 

 

コーヒーは、素晴らしい香りで、
私たちを魅了する魅惑の飲み物ですが、
飲みすぎはどんなものであってもよくありません。

 

 

ちょっとカフェインの取りすぎかなというときは、
カフェインレスコーヒーで一息してみてはいかがでしょうか。

page top