コーヒーかすの有効な利用法

コーヒーかすの有効利用方法

コーヒー好きなら、
インスタントコーヒーじゃなくて
ドリップコーヒーを入れる機会も多いでしょう。

 

 

その時出るのがコーヒーかす
ただ捨てちゃうなんてもったいない。
実は色々な利用法があるらしいのです。
調べてみましたので、メモとしてまとめてみました。

 

 

消臭剤

実はコーヒーかすには、
活性炭以上と言われる優れた消臭効果があります。

 

 

これは、コーヒーが、
アンモニアを吸着して中和する分子構造を持っているため。

 

 

また、コーヒーの粒子にはたくさんの穴が空いていて、
そこに匂いの素になるアンモニアを捕らえてしまうためです。

 

 

作り方は簡単です。

 

 

まず、チラシやプラスチックトレーに、
コーヒーかすを広げて良く乾燥させます。

 

 

日の当たる場所に置いておけば、1〜2日で乾きます。

 

屋外に置いた場合は、風に飛ばされないように、
室内に置く場合は、
ペットや子供が誤食しないよう注意して下さい。

 

 

電子レンジにかけるのもお勧め。

 

電子レンジを使って乾燥させると、
ついでに電子レンジ内の脱臭も出来るので一石二鳥です。
十分乾燥したら、ガーゼや茶こし袋で包みます。
こぼれ防止に二重にすると良いでしょう。

 

 

この袋を下駄箱や冷蔵庫に入れると強力な脱臭剤になります。
トレイに盛って台所やトイレに置いてもOKです。

 

 

雑草駆除や虫よけに

 

ガーデニングは、雑草や虫との戦いがつきもの。
そんな時にもコーヒーが活躍します。

 

 

コーヒーに含まれたポリフェノールには、
植物育成阻害効果があり、
これが雑草駆除に一役買ってくれるのです。

 

 

「メインの植物も枯れてしまうんじゃ?」という心配はご無用。
コーヒーのポリフェノールは、
発酵すると分解される性質をもっています。

 

 

おがくずなどと混ぜて発酵させると、植物の堆肥になるのです。
雑草駆除と堆肥。
まったく異なる2つの効果を持っているなんて不思議ですね。

 

 

また、コーヒーはアリやナメクジなど
害虫除けにも効果があります。
虫だけでなく猫よけにも効果を発揮しますので、
庭にフンをされてお困りの方は、
庭全体にコーヒーかすを撒いておけば猫対策にもなります。

 

 

上記以外にも、使い道はたくさん。

 

 

コーヒーには適度な油分が含まれています。

 

 

この油分を利用し、乾燥させたものを針刺しの中身にしたり、
ガーゼや目の細かい布で包んで革製品を磨けばピカピカになります。

 

 

靴磨き同様に、
油分を利用して洗剤の代わりとしても使用可能。
グラスやコップなど、ガラス製品を洗う時に少量、
グラスや瓶などを洗う際は、中に少量入れて振り洗いしてみましょう。
汚れがすっきり落ちます。

 

 

また、スポンジに洗剤の代わりに少量つけて、
油が付着した食器をこすれば、こちらも汚れがスッキリ。

 

 

エコで安心素材のコーヒーかす。
すぐに捨ててしまわずに、
数回分溜めて再利用してみてはいかがでしょう?

 

 

スポンサードリンク

 

 

コーヒーと湯気 次のページ 『コーヒーと便通 | 便秘と下痢の理由』 へ

page top