コーヒーと便通 | 便秘と下痢の理由

コーヒーによる便秘と下痢の理由とは?

コーヒーが便通に作用するというデータがあります。

 

 

実際に飲むことで便意を感じたり、
便秘が辛いときに敢えて飲むようにしているという方もいます。

 

 

しかし中には、
コーヒーを飲むことによって便通が良くなるどころか、
下痢をしやすいと感じている方も少なくないようです。

 

 

反対にコーヒーを飲むことによって、
便秘をしやすくなるという声はあまり聞かれないように、
どうやら便通になんらかの作用があると考えて良いでしょう。

 

 

その理由はいくつか考えられますが、
最も作用しているのはカフェインの仕業であるといえます。
カフェインは、緑茶や紅茶などさまざまな飲料にも含まれますが、
とくにコーヒー直結したイメージがもたれています。

 

 

確かに挽き豆をドリップしたものでは、
特にカフェイン含有量が多く、
その量は缶やペットボトルなどの飲料の
2倍から3倍ほどになります。

 

 

カフェイン自体には、交感神経の刺激する作用がありますが、
これこそが便通に直結する理由なのです。

 

 

愛飲家の方が多いコーヒーは、
1日に何杯も飲むというケースも少なくないため、
カフェイン自体の摂取量が増えてしまうことも、
便通に作用する原因として考えられます。

 

 

しかし、場合によっては、
身体がカフェインに耐性を持つようになってしまい、
消化器官への影響を感じないという場合もあります。

 

 

下痢をしてしまう場合には、
カフェイン自体だけでなく、
アレンジに使用されるミルクや砂糖による影響を
受けている可能性も考えられます。

 

 

飲み方のアレンジが豊富な飲み物ですが、
缶やペットボトルの商品を選ぶ場合、
牛乳や砂糖の含有量は多く、
これらも腸に作用する成分であるため、
乳不耐症の方などは注意が必要です。
同様にカフェインも、
不耐症の体質を持っている場合もあります。

 

 

コーヒーを飲む度に下痢をしてしまう方は、
これまでの飲み方を見直してみると良いでしょう。

 

 

また、飲み方を改めても改善しない場合は、
原因が飲み物自体にあるわけではなく、
身体に不調があることも考えられます。

 

 

飲み物を飲むことや食事をすることによって腸を刺激したり、
下痢を発症してしまう病気では、
過敏性腸症候群などが挙げられます。

 

 

この病気は、精神的なことが影響して発症する
一時的な病気である可能性も高いと言われているのですが、
自己判断で服薬したりせず、
専門の病院を受診するようにしましょう。

 

 

コーヒーと湯気 次のページ 『カプチーノを自宅で美味しく作る・淹れる方法』 へ

page top